結婚式ならばレストランウエディング

レストランウエディングでは何かと融通がききやすく、主役より来客者に喜んでもらえる結婚式を考えている

TOPICS

結婚する時はレストランウエディングか結婚式場か?

先日、友人の結婚式に参加しました。チャペルでの挙式を終えた後は、今流行りのレストランウエディングでした。よく雑誌にも登場するレストランを貸し切って行われました。昔のように円卓テーブルや新郎新婦が着席するひな壇はありません。長机が数列あり、正面に新郎新婦が座る形式でした。会場もそれほど広くなくて堅苦しい感くもなく、笑いと涙が入り混じったとてもアットホームで優しい式でした。

結婚式の参加者側としてはお二人の門出を祝うのはもちろんですが、出される料理はかなり気になるのではないでしょうか?普通の結婚式場は主役メインの演出(螺旋階段から登場や馬車を用意したりなど)や式場が大きいので料理のプランもあらかじめ決まっていてあとは参加者の好き嫌いに対応するというイメージが強いのです。逆に、レストランウエディングは大がかりな演出はない代わりに料理の融通がかなりきくように感じます。

またウエディングスタイルも融通がきくようで、みんなソファに座って披露宴を行ったり長テーブル1台に主役〜全ての参加者が並んで座ったりなど普通の式場では考えられないようなアイデアで勝負する企業もあるそうです。たしかにレストランは内装の自由がききやすいのかもしれませんね。価格も通常の式場よりも格安でできるので、オプションもつけやすくより皆に満足してもらえるようなアイデアが続々と出てくるのかもしれませんね。もちろん主役はお二人ですが、最近の人達は自分よりも相手が喜んでくれることに比重を置いてる方が多いと思います。その中で、レストランウエディングはお二人の理想が叶いやすい方法の1つではないかなと感じました。

Copyright (C)2019結婚式ならばレストランウエディング.All rights reserved.